インターンシップの成果発表


産業界ニーズGP東海地区Bチーム6大学による「インターンシップを通じた人材育成の成果」発表シンポジムが開催されました。

  • 日時:2014年2月8日(土) 13:30-16:40
  • 場所:名古屋産業大学 (尾張旭市)

朝からの雪模様で大変に寒い一日でしたが、おおよそ100人もの参加者がありました。このシンポジウムで、愛短のインターンシップへの取り組みを発表する機会をいただきました。

発表では、森川先生から正課と非正課のプログラムを組み合わせながら、きゃりルームを拠点にした産業界コーディネータによる支援取組などを紹介しました。続いて今年度学内のプロジェクト型インターンシップに参加した1年次生3名が登壇し、インターンシップで学んだことや今後の学習について紹介をしました。社会人基礎力の抜き打ちテストによる評価など、学生たちも初耳の取組も紹介され、カリキュラム改訂への具体的な方向性をご紹介しました。

講評では、雪の中豊橋から参加してくれた学生たちへの感謝とともに、「身の丈に合った」着実な取組と教育改革を進めていることに対して、 評価をいただきました。一方でインターンシップなどのプログラムに参加する学生が限られることから、その拡大への取り組みを求められました。

GPによる教育改革の取り組みは、4年目の最終年度を迎えます。今ままでの成果を積み重ねつつ、さらに着実な教育改革を進めていきます。

産業界GPシンポ

産業界GPシンポ 産業界GPシンポ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>