愛知大学短期大学部
愛知大学
短期大学部
秋学期履修ガイダンスを行いました

オンラインで行われた春学期成績発表を受けて、秋学期の履修ガイダンスを行いました。こちらもZoomを使ってオンラインで実施です。チャットで参加確認を取ったところ、午前中の1年生は50名あまり(30名は集中講義を履修中のため、あとで動画を見てもらうことに)、午後の2年生も70名近くが参加してくれました。

1年次向け、2年次向けとも、Streamサイトで閲覧できます。詳細はLiveCampusで確認して下さい。

1年生にとっては、初めて見る成績表。その見方や単位計算の考え方などを、教務課の方から詳細に説明をしていただきました。つづいて短大での履修の中心となる主エリアの選択について、教学主任の先生から説明をいただきました。

どちらも通常なら、4月のオリエンテーション時に行うものですが、半年間の授業を受けてからの説明で、より現実的なガイダンスになったのではないでしょうか。説明の後には、編入学などの進路をイメージした履修上の質問などもあり、学生の皆さんもオンライン会議ツールに慣れていることがうかがえました。

成績表の見方を説明中(表はダミー)
通常授業が始まります

14日からの秋学期の前に、集中講義で通常の対面授業が始まりました。

本学でも新型コロナウィルス感染症への対策として、春学期は全面的にオンライン授業を行っていました。秋学期は部の授業科目については徹底した感染防止対策をとったうえで対面授業を実施することとしてます。その先陣を切って、「医療事務」講座が3日から集中講義として開講されました。

教室では、初めて顔を合わせる1年生を中心に、37名の学生が緊張気味に集合していました。席の間隔をあけたり、アルコール消毒液などもあって、普段とは違う授業風景ですが、授業が進むにつれ、少しづつ打ち解けているようです。

10月の資格試験合格を目指して、頑張ってください。

 

ハワイ研修に行ってきました

2019年度 英語圏短期研修
(ハワイ大学リーワードコミュニティカレッジ)

2月2日から11日にかけて、ハワイ研修に行ってきました。
今回の研修では、前回までと少し内容を変え、ハワイの歴史、日本との関わりの歴史などをより深く学ぶ内容となっていました。
ハワイ大学の学生からハワイが現在抱える社会問題についてレクチャーを受けたり、日本人移民のために作られた平等院を訪れたりと、単に観光だけではないハワイの様々な側面を学ぶことができたのではないかと思います。
(引率担当:川端朋広)

—–写真ギャラリー(日時順ではありません(^^♪)——

聴き力検定実施しました

聴き力検定協会の高野文雄先生にお越しいただき、聴き力検定3級講座を実施しました。

聴き力とは自分も相手も大切にできる人間力。聴く力を身につける事で相手が話しやすい環境を作り出す為の聴き方ができるようになります!
ワークを交えた楽しい講座で終了後は全員3級を受験しました。
無事合格すれば履歴書にも「聴き力検定3級」書けます。就職活動にも活かしていきたいです。

 

ゼミ選択ガイダンスを開催

1年次生を対象にした、卒業研究ゼミ選択ガイダンスが開催されました。

短大での学びのまとめとして取り組む卒業研究。そのゼミクラスを選択するための合同説明会です。学生たちにとっては、来年度1年間の自らの学びテーマを決める重要な時期なのです。

全体説明の後は、ゼミごとの説明相談会に臨みました。もうすでにゼミを決めている学生もあれば、いくつかのゼミを回って話を聞き、悩んでいる学生もいるようです。来年度は、あたらしく地域研究をテーマにしたゼミも含め、10のゼミが開催される予定です。1月初めの選択届の提出までに、学生同士や先輩学生、先生たちとも相談が続きます。後悔しないよう、よくよく考えてほしいものです。