文部科学大臣賞受賞!!

オフィスエリアで取り組んでいる「サービス接遇実務検定」で、文部科学大臣賞団体賞をいただきました。

3月1日に、東京の実技能検定協会にて行われた表彰式には、瀧崎優佳先生が代表して出席されました。またあわせて、愛知大学同窓会より奨励賞をいただき、車道校舎にて川井学長、谷短期大学部長より、代表学生らに賞状と記念品が贈られました。

 

検定試験は文部科学省後援、実務技能検定協会主催のサービス接遇検定です。2年次春学期の「サービス接遇」の授業の履修者が団体受験しました。
履修者66名が非常に優秀な成績を収めた結果です。中でも2級では全国合格平均58.1%に対して83.3%と
高い合格率であり、面接試験の準1級の合格率は92.3%でした。
受講したみなさんが「サービス接遇」の授業で熱心に学生が学んだ成果と言えます。

この賞は1000を超える受験団体のうち、3団体しか受賞できません。大学では唯一の文部科学大臣賞団体賞の受賞です。
またこの受賞に際し、愛知大学同窓会から「奨励賞」もいただきました。個人で優秀賞をいただいた学生も出席し、あらためてその成果を披露していただきました。
短期大学部が2012年に「サービス接遇」の授業を導入して以来初の快挙です。授業履修者はこの検定を通して身につけた知識・能力を就職活動にも活かし、社会に出たときにもその力を発揮してくれると思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です