ダンス部卒業イベント

ダンス部部長の松浦はるなです。

先日3月18日に芸術劇場プラットをお借りして、2年生卒業イベントを開催しました(^ ^)

豊橋祭りのために創設された創作ダンス部ですが、普段の活動はA.舞台、イベントに出るため(以下A)
B.体を動かす、楽しむため(以下B)の2つの目的に分かれて活動しています。そのため今回のイベントでは、第一部が主にAグループによる見せるイベント、第二部がBグループ主体のみんなで楽しむイベントという2部構成にしました。

IMG_0300 IMG_0302 IMG_0320  IMG_0304IMG_0332 IMG_0306

私は小さい頃から踊ることが好きなのでAグループに属しています。今回の第一部ではヒップホップ、モダンを含め4曲踊らさせていただきました。この時期は春休みですが、4月から社会人生活が始まるため研修等で中々全員が集まることができませんでした。少ない時間の中でどれだけ完成度を高くできるのかと不安もありましたが、一緒に頑張って練習してきた2人と共に満足のできるパフォーマンスができ嬉しく思います。

第二部は普段人前で踊ることはなかったBグループの子たちが、AKBやSMAPのコピーをパフォーマンスしてくれました。Bグループは創部からAグループを支えてくれました。備品や司会等を担当してくれたり、縁の下の力持ちといえます。見に来てくれた1年生も一緒に参加できるようなイベントも企画し、みんなで楽しむことができたと思います。

創作ダンス部ができて1年と数ヶ月。そしてこれからまた新しいダンス部へと移り変わっていきます。
初代部長として思うことはたくさんあります。まず、初めて出来た部活だからこそ自由で、何でもいろんな可能性を考えることができます。ただ、そうだからこそ、難しい事があるという事も強く感じました。何も歴史のない部活だからこそ、用意されている舞台・イベントもなく、入った目的も人によって異なるため、練習計画もイベントも「全てが手探り」ということです。最初のうちは色んな目的がある中で、すべての活動を一緒にしていました。その時はお互いに良くなく部員のモチベーションも下がっていたと思います。私も恥ずかしい話、上手くいかず辞めることも考えました。
しかし指導者の瀧崎先生の熱意や、話し合いをすることで徐々に、最後のイベントに向けて足並みが揃ってきたのかなと感じます。イベントを終え、今思うことは、一緒に練習してきた部員、影ながらサポートしてくれた部員、練習指導や舞台の獲得等様々な事に尽力してくださった先生に対して本当に感謝の気持ちしかありません。後悔も沢山ありますが私にとって大学生活大事な思い出となりました。これからも愛知大学短期大学部ダンス部に応援是非宜しくお願い致します。

この度、新しく愛短ダンス部部長になりました中村です。この部活は創部してまもなく1年が経とうとしているまだまだ未開拓地のような部活動です。私自身ダンスは未経験なので同学年の子はもちろん、新しく入部してくれる新1年生とも一緒になってこれからの愛短ダンス部を作り上げていきたいです(^ー゜)
今年の目標は1年生、2年生が学年関係なく仲良く活動のできるそんなダンス部にしたいです!
「少しでもダンスに興味がある、体を動かしたい」と思ったらダンス部の部屋をのぞきに来てくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です